“Waikiki Lounge”セレクトBGM公開


Print 左より井筒(FAB CUSHION)/ 明神(PARIS on the City!) / JP( ELEKIBASS)

ラウンジ・ミュージックとは?【音楽ジャンルのひとつ。ホテルのラウンジでかけられているような曲を指す音楽ジャンルである】(Wiki調べ)
3/25に開催される“Waikiki Lounge”に先駆けて各出演者のおすすめ音楽をセレクトしてもらいました。当日DJとしてかける曲を前提にセレクト曲にかける想いもコメントしてもらっております。当日のライブとともにセレクトされたBGM音楽も楽しんでもらえたらと思います。

【JP( ELEKIBASS)セレクト】

DTEVaSPV4AEx3MR

1.Schroeder-Headz/ハルシュラ
シンシュンシュンチャンショーでこの新譜を買って、その後ジャケデザインを担当した近藤さんと林さんと飲みに行き、アルバムジャケットの制作裏話をたくさん聞きました。
ハルシュラのメインイメージA案、B案、その他たくさんデザインしたものを(おそらく)全部見せてくれて、色んな話をたくさん話を聞かせてくれました。とても楽しそうに話す2人でした。CDのオマケで付いてきた握手券の代わりに、近藤さんがジャケットに絵をちょっと書き足してくれました。

Unknown-1

2.ザ・ハイロウズ/14才
レコードプレイヤーと会話をしている曲。レコードに針を落としたときの初めての衝撃を歌った曲、だと思う。たぶん。レコードプレイヤーが「14才にしてやるぜ!」と最後に語りかけるのがとてもイカす。ヒロトが14才のとき、マンフレッド・マンの「Doo Wah Diddy Diddy」のイントロでガツーンと衝撃を受けた、という記事を読んだことがあるような気がする。「大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている」というニュースを見たときに、この曲を思い出しました。Aメロの歌い出しで「ジョナサン、」と語りかけるのは、ジョナサン・リッチマンのことなのか、または「かもめのジョナサン」のことか、謎。

61qmbeTG3cL._SS500

3.ジョナサン・リッチマン/Monologue About Bermuda
Aメロ歌い出しで、ジョナサンは自分に「ねえジョナサン」と語りかけています。この曲、途中からほぼ会話だけになるので、DJ向きの曲ではないので、「I,Jonathan」(僕、ジョナサン)に収録されている「 Velvet Underground」にしようかと思っています。ジョナサンは、昔ルー・リードの追っかけだったらしく、それほどベルベッツのことが好きで、「僕が好きなベルベッツの曲はこんな感じだよ」と、実際にこの曲中でやってくれます。ジョナサンの、この「好きが止まらない」感じが僕は好き。

1

4.moools/愛人
新譜はカセットテープで、ダウンロードコードは担当者にメール送付で依頼するというシステム。さっきメールしたばかりなのでまだ返信はない。なので当日DJできるか分からない。そういえば、モールスはジョナサンの「That Summer Feeling」をカバーしていました。

5.※選曲中

□□□□□□□□

【明神(PARIS on the City!)セレクト】

20170914150608

1.Ben Folds Five / Sports & Wine
モータウンビート調でロックに始まるこの曲は、自分の曲作りの時にも参考にしてしまうほど、演奏のグルーブと、ボーカルの豪快な歌声に感動してしまう。僕が人生で1番最初に好きになったピアノロックバンド。

1411992413
2.The Jam / Town Called Malice
僕の1番好きなモータウンビート曲といえばこの曲。 僕はこの曲を聴いてモータウンビートの格好良さに目覚めました。

item_239469_l
3.Ben L’Oncle Soul / Lord we know
洋楽で1番好きなフランス出身ソウルシンガー。歌声がとにかくセクシーすぎてヤバイです。その中でもこの曲はキャッチーで聴きやすくてパリよりお洒落。

61nB1mkUrlL._SY355_
4.スピッツ / 三日月ロック その3
タイトルから言葉選びのセンスに嫉妬する。スピッツの歌詞は爽やかで切なくてどこか激しさも兼ね備えてるけど、その中でもこの曲は歌詞が深くて色んな解釈ができる面白さもあるし、何よりメロディが好き。

paris_on_the_city!櫛_small
5.PARIS on the City! / 櫛
PARIS on the City!が2018.04.04にCDをリリースを控えた新曲。ライブでお客さんと一緒に歌えたら最高だと思っています。

□□□□□□□□

【井筒(FAB CUSHION)セレクト】

t131506033-i979643692_s400

1.The Command All-Stars / Perdido
 痛快!イージーリスニング界のパイオニア、イノックライトのプロデュース。パッキパキの明るい音像が気持ちいいです!
R-554052-1130776431.jpeg
2.Eddie Bush  / Holiday for Strings 
David Roseのラウンジーな名曲をご機嫌なウクレレカバー。ワクワク感が止まりません。。冗談音楽でおなじみのSpike Jonesのカバーも最高です^^
61MC28X1RHL._SY355_
3.The Avalanches / Since I Left You
 僕らはもろに世代だったな〜^^このサンプリングセンスには当時度肝を抜きました。ドリーミーな1曲。
ちなみに元ネタはDupreesの「The Sky is The Limit」こちらもオススメ。
Y00000567
4.やまがたすみこ / 夢色グライダー
製作陣はがっつりティンパンアレイチーム。涼しげな歌声と温〜いリズム隊が素晴らしいシティーポップな1曲。
R-1560324-1485926643-4296.jpeg
5.Bob Dorough / Three Is a Magic Number
なぜか一人で聴きたい曲、でもみんなで聴きましょう(笑)フォーキーでグルヴィーなナンバー。
歌の合間を縫ってくるバッキングがたまらんです。
□□□□
ライブのセットリストもしかり、誰かのセレクトは、誰かへの思い、気持ちが込められたりしていて、興味深いものです。3/25は各出演者の音楽とともに、セレクトされた音楽も一緒に楽しんでもらえたらと思います。新しい曲との出会いにぜひ。
□□□□
□□□□
Print
2018.03.25. sun Shibuya HOME “Waikiki Lounge”
add / day 2,300 / 2,800 +1 drink
open / start 18:00 / 18:30
□□□□
出演:ELEKIBASS / PARIS on the City! / FAB CUSHION
□□□□
DJ:JP( ELEKIBASS) / 明神(PARIS on the City!) / 井筒(FAB CUSHION)
□□□□
ラウンジ・ミュージックとは?【音楽ジャンルのひとつ。ホテルのラウンジでかけられているような曲を指す音楽ジャンルである】(Wiki調べ)
各出演者のおすすめ音楽をBGMに、ライブも楽しめればというテーマに基づき、事前に各バンドのおすすめ5曲を公開。
当日は通常のライブに加えそのセレクト曲を本人に解説付きでDJやってもらおうじゃないですか!!ということで、この日は渋谷HOMEというラウンジにて
出演者+アルファな音楽をお楽しみください。
□□□□
□□□□
【ご予約方法】: チケット受付アドレス info@waikikirecord.com 件名を
[  3/25 “WAIKIKI LOUNGE” ]とし、 本文に[お名前/人数(2名まで)/ご連絡先]を記入の上メールしてください。
*返信には数日かかる場合がございます。
*メールの受信拒否設定をされている場合、メールが届きません。設定の変更をお願いします。
1週間経ってもメールが届かない場合、再度ご連絡ください。なお、携帯電話のアドレスに返信が届かないことがあります。PCなど別のアドレスをお持ちの方はあわせてご明記ください。PCの設定上、迷惑フォルダに返信が行っている可能性もございます。
date: 2018-03-19 | Category: 対談 | No Comments »

Related Posts

 

Comment





Comment